FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
小野としこニュースレター
小野としこの子育て支援について

・今までも取組んだが、さらにトップとしての視点に立ち考えています。

・保育所の利用料を低額にしたい。

・メール・携帯電話・pc等で、子育ての相談窓口を受けやすくする。

・保育所のあずかり時間を長時間できないか

・学童保育、働くお父さん、お母さんの手助け策をいろいろ考えています。


スポンサーサイト
【2013/03/19 22:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
小野としこニュースレター
小野としこ後援会に入会、お待ちしております。

小野としこのスローガンは

伊豆の国に一生懸命です。

小野としこの政治活動を支援していきましょう。


小野としこの力を存分に発揮してもらうための、

お手伝いをしていただけませんか?

たくさんの仲間が待っています。


小野としこ後援会連絡先
410-2114 
伊豆の国市南条1543-17
Tel  055-949-0077   Fax  055-949-4067
e-mail   qt0383@lilac.ocn.ne.jp
【2013/03/13 00:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
小野としこニュースレター
いのち守りたい 赤ちゃんから おとしよりまで

小野としこの最も大きな政治課題は、
人々の命を守り、健康的な生活を保障していくことです。

その為には現行の東部、伊豆地域の拠点病院、診療所、家庭医の
いずれもが必要不可欠です。

医療施設との相互のコミュニケーションを強化し、
スムーズな連携を推進していくことを考えています。

その上で医療を核とした地域の総合的発展を期したいと思います。
【2013/03/12 21:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
小野としこ ニュースレター
小野としこ後援会事務所を千歳橋近くに移転しました。

静岡県議会議員を辞して伊豆の国市長選に出馬を決意しました。

県議会議員の任期を全う出来なかったことについては責任を感じております。
まずはお詫び申し上げます。

しかし、強い要望を受け、持てる力を全て注ぎ込んで伊豆の国市の為に一生懸命尽くす覚悟です。

今後の活動予定や伊豆の国市に対する思いを、「後援会だより」として、ブログにて更新していきますので是非ご覧下さい。「やっさかシリーズ」ブログ版大いにご期待下さいますよう。
よろしくお願い申し上げます。

小野としこ
【2013/03/11 08:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
やっさかレポート
小野としこの“やっさかレポート”
平成22年2月1日
賀詞交歓会

早くも2月となりました。2月第1集のレポートは・・・勿論このことからです。
1月30日午後1時より「小野としこ賀詞交歓会」が洋蘭飯店で開催されました。後援会を中心に350名の方々にご参集いただき、4時までの3時間をご一緒に過ごさせていただきました。本当に有難うございました。
ボイスキュー・パーソナリテーの岡本真由美さんのメリハリのある司会の下、交歓会は進められました。
わが後援会の催し物は、盛りだくさん、何が飛び出すかわからないと言われています。それだけに面白い。しかし、スピーチも多く、司会者泣かせの後援会イベント。ですが、岡本さん、見事な交通整理で時間通り、かつ大変盛り上げていただきました。あらためて御礼申し上げます。有難うございました盛りだくさんとはね、藤枝市から3776(みななろう)七福神のメンバーがお祝いに駆けつけてくださいました。。七福神
それから、開会のファンファーレは三島フィルのトランペット奏者、荻野一さんが。柔らかないい音色で素晴らしい演奏を聞かせていただきました。皆さんうっとりしていましたね。
宮田行正後援会の挨拶に始まり、裾野市長さんをはじめ多数の来賓の方々のお祝辞を戴きました。そういう時はとても面はゆく、ステージにいても身の置き所が無くなります。でも、これは私一人が戴いたものでなく、チームとしこ、すなわち後援会の皆々様がいただいたものと考えることにしました。
それから、私が県政報告をさせていただきました。
今回「賀詞交歓会」などと大きく出たのは、「広く伊豆の発展」を考えなければという思いがあったから。「伊豆は一つ」と叫ばれてきたが、今だに伊豆は、一つ一つで決して一つにはなっていない。この会を「広くいろいろな方とお話を交わす会」と捉えていただきたい。
あの熾烈な二期目の戦いを勝たせていただき7年目、119の団体を所轄する産業委員会・委員長の要職を賜わり、議員としてやりがいを感じておりますが、仕事が多く、地元の皆様方にご無沙汰していることを大変申し訳なく思っているということ。
政権交代となり、「地域主権」とは名ばかりの「トップダウン型」の政治が行われようとしている。「トップダウン型」、いわば大統領制に匹敵するぐらいの強権政治であり、「議会制民主主義」は危機にある。
自民党女性議員研修会があり、大島理森幹事長が先の一連の選挙の敗戦理由をいくつか挙げた。その一つに「大臣病がはびこったからだ」とあったこと。私は、すぐさま手を上げ大島幹事長に詰め寄った。それならばいずれ現政権もその迭(てつ)を踏むだろう。その時のために、ネクスト内閣、あるいはシャドウ内閣を作り、代案、政策を国民に向けて提示する事こそが対策の第1歩ではないか。私たちは強力な政策集団として生まれ変わらねばならない、と。
その頃、自民県議団の一部に不可解な動きがあり、若手議員たちが追及したがうやむやになってしまった。そこで若手中心の志を同じくするものが集まって、新会派「自民改革会議」を結成した。
マスコミは「対川勝知事」とか言っているが、そんなことではない。自民県議団40名が2分割した。さなぎが古い殻を破って美しい蝶になるように、自民党も生まれ変わるのだ。
新会派「自民改革会議」では、予算の知事折衝でも、1期生2期生が堂々と発言する。「自民改革会議」は政策集団。大きな施策を練る一員となって、皆さんに発信したい。今は三番手だが、必ず県議会の中心になることをお約束する。
 3月2日には代表質問をさせていただく。代表ですから、地域の問題だけを採り上げるわけにはいかないが、道路の問題、看護師、医師確保対策、強い農業づくり、観光振興、大仁高校跡地の利活用についてなど質問の予定。傍聴に来て下さい。
 「現首相の鳩山さんは、最近になって命を守る政策とか言っているが、私は7年前にこれをスローガンとした。「命守りたい、赤ちゃんからお年寄りまで」。ずっと通してきた。これからもやり通します。食の安心安全を求め、食と農業にも取り組みます。
 と言うようなお話をさせていただきました。
 それから前衆議院議員片山さつきさんの講演がありました。皆さんジーッと聴き入っておられましね。近寄りがたい人と思っていた方もあるようでしたが、彼女はとても庶民的。高い知識と、ざっくばらんな人柄に、詰め掛けた方々は魅了されたようです。片山

 伊豆日日新聞様、31日には大きな写真入で掲載していただき、有難うございました。ご参加いただいた皆々様に心から御礼申し上げます。有難うございました。

テーマ:日記 - ジャンル:政治・経済

【2010/05/26 23:46】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
・・・小野としこの金盥 ・・・ (かなだらい)


静岡県議会議員小野としこの県政報告と、市民オペラの脚本・演出の情報を中心にお届けするブログです。市民の皆さんと交流できる場です。コメントお待ちしています。

プロフィール

おのとしこ

Author:おのとしこ
伊豆の国市(旧江間村)生まれの64歳。おばあちゃん、そして母がお産婆さんとして八十余年、地域の人々のいのち守って参りました。この強い信念を私も政治のジャンルで引き継いでいきます。体重70キロを駆使して、あなたの所へ飛んでいきます。困ったこと、泣きたくなるようなこと、嬉しくてたまらないこと、そして「こうして欲しい」ことなどを、存分にお話ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。