FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
小野としこの“やっさかレポート”平成22年1月18日
小野としこの“やっさかレポート”
平成22年1月18日
  「曲尺と木遣り」

新年を迎え、各種団体の新年会が開かれています。
私もお邪魔させていただき、その団体の現在おかれている環境や問題点などを伺い、勉強させていただいております。
昨日は、伊豆長岡建設組合の平成22年太子講新年会にお招きいただきました。「太子講」って何でしょうか? 太子は太子様、もとより聖徳太子を指していま
すよね。講とは、講座、仏事、結社、相互扶助団体などですから、すなわち聖徳太
子を奉賛する団体のこと、「太子講」とは、大工、左官、鍛冶屋などの職人仲間
で、聖徳太子を守護神として祀っている職業講と言うことです。
これは、聖徳太子が、寺院建築史上大きな存在であったことに由来いたします。
世界最古の木造建築である法隆寺を建立したことで知られる聖徳太子は、貿易のことで訪れた百済の国から多くの大工道具と建築技術を持ち帰ったといわれています。その中に大工の「3種の神器」の一つである曲尺(カネジャク・サシガネ)があったといわれています。
曲尺はL字型をした物差しのことです。これがあると複雑な木工作業が可能となります。その秘密は裏側の目盛りである裏目にあります。様々な直角三角形の性質を利用した、非常に難解な高等数学にも匹敵する理論が隠されているからで、外見は簡単な道具でも、その機能を使いこなすには、想像を超える熟練が必要となるそうです。
この曲尺があったればこそ、そして使いこなす技術があらばこそ、匠の技が伝承されて来たと言えるのではないかと、会長の大浦さん。
今ではこの講に水道屋さん、電気屋さんなども加わり、聖徳太子に感謝の意を込め、命日に因んで、組合総会を兼ねて「太子講」を開催するのだそうです。
聖徳太子の表具(掛け軸など)を宿の床の間に掲げてお参りし、そのあと飲食を楽しむ習わしが連綿と続いているということ。私はこの会に初めてお招き戴いた時、今に匠の技を継承する、これぞ生きている文化と感嘆しました。

この日に先駆ける1月13日、静岡市で、「静岡県技能マイスター認定式」「技能五輪国際大会・全国大会・全国障害者技能競技大会入賞者表彰式」が開かれ、私は産業委員長として、川勝知事とご一緒に参列させていただき、県議会議長の祝辞を披露いたしました。優れた技能を有し、後進の指導育成に尽くされた方々のご貢献に敬意と感謝の意を表した次第です。「技能の継承」や「技術者の確保」は、現在あらゆる分野で大きな課題となっています。

宴たけなわとなり、木遣りが披露されました。
木遣りとは、「木遣り渡し」から来たもので、本来木を出す時歌った唄が伝わって来たのだそうです。山に木が立っている、その木を切る、木は柱になる、家の中心となる、「この家に尽くしてくださいよ」「この家のためになってくださいよ」との願いを込めて歌う唄だそうです。
この歌は兄と側(がわ)からなっていて、兄が「お~やるぞ」と言うと、側が「はい、やります」と答えるという、掛け合いになっているのだそうです。
木場の木出し、上棟式のほか、結婚式など大工、木出し、とび職等建築職にある方々の慶事に歌われて来ました。結婚式では「嫁さん、どうか尽くして下さいよ」との願いが込められているのだそうです。また、職人さんのお葬式で故人を見送る時にも歌われます。「よくやってくれました。あなたのご尽力・功績、あるいは心意気が後世に繋がりますように」との思いが込められているそうです。
古い習わしを伝えて行くって素敵なことですね。
スポンサーサイト
【2010/01/18 22:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
小野としこの“やっさかレポート”平成22年1月4日
小野としこの“やっさかレポート”
平成22年1月4日
 「新玉の・・・」

明けましておめでとうございます。
ボイスキューやっさかシリーズ第3弾『やっさかレポート』はめでたく2年目に入りました。今年も、どうぞ宜しくお願いします。

「荒れる」と言われたお正月三が日のお天気ですが、以外に良かったですね。
私の2010年は、やはり長岡の日枝神社元旦祭から始まりました。
「大荒れ」の元日と聞いていましたから、ご挨拶はいかように・・・大分思案いたしました。そこで、森野彌良先生に教えていただいた短歌を引用させていただきました。
「新玉の 年の初めに 豊の年 記すとならし 雪の降れるは」
昭和10年代の「愛国百人一首」の中の一首。「雪の降るような寒さ厳しい新年には、豊かな年と記すことになるでしょうね。厳しさがいつまでも続くことはない、これは良いことの前兆と思って皆で頑張りましょうよ」というような意。寒さの厳しいお正月は豊作になると言われていますね。さしずめ、景気のなかなか回復しない日本は今、非常に厳しい冷え込んだ時期にあるが、今に必ず良くなると信じて頑張りましょう、と。
神社の社殿内は底冷えがしましたが、今年は少しも苦になりませんでした。
どうしてかって?それは、昨年末10キロの減量に成功したからだと思います。
体が軽くなって、歩くことが苦にならないどころか楽しい。従って寒さも平気というわけ。そう!健康な身体になったからですよね。お世話になった先生方、有難うございました。 「健康な身体に健全な精神が宿る」。今年のとしこに期待して下さい!

 ところでたくさんの年賀状有難うございました。感激です。
皆様、揃って力作。「世界遺産マチュピチュ」へ行ったお写真がありました。江間小学校同級生の伊奈敏久さんのご賀状。奥様を亡くされた伊奈さんが、アンデスまで夫人の面影を尋ねていったものかと・・・伊奈さんが背景とよくマッチしているところがミソでした。斉藤宏先生の「気」を吐き続ける「富士山」。ものすごい迫力です。こんな富士山見たこと無い。斉藤先生の生き様を見せつけられた思いがしました。「トラ」はたくさん来てくれましたが、加々見宏子さんの「タイガー」凄かった。加々見さん、今年飛躍する方です。
それから「自民党」を心配するコメントをたくさん戴きました。皆様、県議会に新会派が出来たのであって、自民党が分裂したのではありません。健全な党を目指して勉強会を重ねております。意見の飛び交う新しい会派は、自民党内改革を進めております。いい結果を出せると信じて邁進しておりますから、どうか、応援して下さい。
私からは「小野としこレポート第26号」の絵葉書。産業委員長の私は、川勝知事とご一緒に12月18日「東京都中央卸売市場大田市場に県産品のトップセールスに参りました。「紅ほっぺ」の入った籠を手に静岡イチゴを売り込んでいます。
今年も静岡県を、伊豆を大いに売り込むぞ!!

静岡県
そしてですね、「小野としこ賀詞交歓会」のお知らせ。
1月30日(土)の13時より大仁洋蘭飯店で開催いたします。
私は、皆様のお蔭で県議として7年働かせていただいております。
昨年5月に県議会産業委員長に就任、その任務の大きさに身の引き締まる思いがしました。アメリカの「リーマンブラザース」の破綻に端を発する世界経済の悪化は留まるを知らず、企業の業績は落ち、働きたくも仕事が無いという産業界の状況に、産業委員会では雇用の創出を図るべく多方面に働きかけをして参りました。
そこで、このたび、激動の2009年を振り返り、新たな年の展望と抱負などを親しく語り合いたく、賀詞交歓会を催すことにしたわけです。
勿論、私の県政報告が主たる内容ですが、奇想天外な演出で皆様に楽しんでいただこうとも思っていますのでご期待下さい。
皆様、ご多忙のことと存じますが、お誘い合わせてご出席いただきますようにご案内申し上げます。
お誘い合わせは「小野登志子事務所」。電話番号は055-949-0077番。
ご参加の方はお電話、あるいはFAX「055-949-4067」でお願いします。

お時間のようです。「今日は仕事始」。さあ、頑張るぞ!
 次回のやっさかレポートは1月18日。どうぞお楽しみに。
 では皆さん、今年も元気で。 ごきげんよう。 やっさか!
【2010/01/18 22:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
賀詞交歓会の案内
お蔭様で私は県議として7年働かせていただいております。
昨年5月に県議会産業委員長に就任、その任務の大きさに身の引き締まる思いがいたしました。ところがアメリカのサブプライムローンの破綻に端を発する経済の瓦解はリーマンショックとなって世界を席巻、日本企業の業績も落ち込み、景気の悪化は留まるを知らず、働きたくも仕事が無いという産業界の状況に、産業委員会では緊急経済対策をはじめ、雇用の創出を図るべく多方面に働きかけをして参りました。
そんな状況の中、激動の2009年を振り返り、新たな年の展望と抱負などを親しく語り合いたいものと、賀詞交歓会を催すことにいたしました。
特別ゲストに元経済産業大臣政務官の片山さつきさんをお招きして活発な意見交換も行おうと思っています。どうぞご期待下さい。
ご多忙のことは重々拝察いたしますが、お誘い合わせの上、ご出席いただきますようにご案内申し上げます。
本年もどうぞご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。
敬白
静岡県議会議員 小野登志子

小野としこの賀詞交歓会
 特別ゲスト 評論家・テレビでお馴染みの
片山さつきさん

前衆議院議員・元経済産業大臣政務官
元大蔵省主計局主計官(防衛担当)


日 時 平成22年1月30日(土)
開 会 13時 (受付 12時30分より) 
場 所 伊豆洋らんパーク内洋蘭飯店(0558-76-6611)
会 費 3000円(当日受付でお願いします
)

参加申込は
お名前、ご住所、電話番号(FAX)
をFAX(055-949-4067)、またはメール(qt0383@lilac.ocn.ne.jp)で1月23日までにお願いします。
問合せ先 小野としこ事務所 TEL:055-949-0077 
【2010/01/18 11:33】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
・・・小野としこの金盥 ・・・ (かなだらい)


静岡県議会議員小野としこの県政報告と、市民オペラの脚本・演出の情報を中心にお届けするブログです。市民の皆さんと交流できる場です。コメントお待ちしています。

プロフィール

おのとしこ

Author:おのとしこ
伊豆の国市(旧江間村)生まれの64歳。おばあちゃん、そして母がお産婆さんとして八十余年、地域の人々のいのち守って参りました。この強い信念を私も政治のジャンルで引き継いでいきます。体重70キロを駆使して、あなたの所へ飛んでいきます。困ったこと、泣きたくなるようなこと、嬉しくてたまらないこと、そして「こうして欲しい」ことなどを、存分にお話ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。