スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
国文祭 オペラ大成功
皆様、有難うございました。
お蔭さまで創作オペラ「江川太郎左衛門~熱き心の火」、国文祭杮落しのお役目を果たすことができました。
国文祭の成否を担うトップバッターとして、盛り上がりを嫁せられていると認識しておりましたが、10月24日、25日ともアクシスかつらぎ大ホールは大入り満員、大盛況、満席でございました。ステージから見まして、ホールの端から端まで人がいっぱいというのはまさに壮観で、感激でした。
オペラって、お客様が多ければ多いほど声が伸びます。響くのです。それはお客様の呼吸が歌に集中し、同化するからなのですが、出演者は本当に気持ちよく歌わせていただくことができました。
また、うちのオペラの特徴は、熱っぽい演技、魅力的な役者たち、そして、舞台装置の大掛かりなこと、衣装の素晴らしさなど、お客様の目を奪うことも手法としておりますので、3時間もの長いオペラでしたが、「時の経つのを忘れた」などの声をたくさん戴きました。
そお、例えば、生のパンが焼ける場面、江戸城が歌とともに動く場面などの「としこマジック」をご堪能していただけたものと思います。
「もう一度みたい」「TVで放映して下さい」などの声を始め、感想のお電話、お手紙、そしてメール有難うございました。
そのうちの一つですが、清水町の相原修さんからです。
「坦庵公オペラ大成功を納め国文祭が大きく盛り上がったこと、心からお祝い申し上げます。
・・・中略・・・
声量豊かなオペラの迫力と言うものは、他の演劇に見られない心に迫るものを感じました。
私にとっては永年に渡ってあの周辺を調べ尽くしてきましたので感動は特別なものでした。
特に安政2年正月、坦庵公ご夫妻の歌うシーン、実に素晴らしいシナリオ、演出に心から感動致しました。
あのようなシナリオで採り上げて下さったことは正に絶品でした。
また、韮山農兵から長州騎兵隊への働きかけが資料でも発掘された模様ですが(この項、すごく詳しく書かれております)オペラではすでに取り上げられており、感心しました。(ご自身のお仕事に触れています)
また、私自身、兎も角オペラによって大きなエネルギーを頂きました」。
相原様、有難うございました。
実はオペラに関し、もう一つお話したいことがあります。
10月23日のゲーペ(総練習のことでゲネプロとも言います)を、なんと、静岡芸術劇場スパックの芸術総監督宮城聡先生が、中沖英敏スパック事務局長(県理事)とご一緒に見にいらして下さったのです。
宮城聡先生と言いますと日本を代表する演出家、演劇界の寵児蜷川幸雄氏、唐十郎氏等とも親交が篤く、今や、宮城先生を慕って世界中から演出家が静岡に集まっていると言うほどの方、その先生が、24日に「夜叉が池」が本番を迎えるというお忙しい中を、アクシスかつらぎに駆けつけ、オペラチーム一同にエールを贈って下さったのです。
宮城先生の真剣に舞台を見つめる表情に胸を打たれましたが、なんと、こうおっしゃって下さったのです。
「私は感心しました。この脚本です。特にイギリス紳士淑女が紅茶の話をしている、やわらかく入って行きながら、次第に話が怖ろしくなり、アヘン戦争の密談に移って行く件です。驚きました」とお褒めを戴いて、私は嬉しくて嬉しくて、天にも昇るような気持ちでした。
宮城聡先生の挨拶

そして中沖事務局長さん、「日本の創作オペラはほとんど一回公演しただけでおしまい、再演されることは先ず無いが、オペラ江川太郎左衛門は3回再演、4度目の公演となるそうで、これは大変なこと、正に地域の文化財産」と評価して下さいました。お二人ともに「今回限りでは惜しい、追加公演を」と。
韮山代官江川太郎左衛門をオペラにする・・・一体、オペラになるだろうかと私は苦しみながら脚本を書いたわけですが、出来上がってみれば、オペラだからこそ坦庵公のスケールの大きさを表現できたと言えますし、また、素材が素晴らしければ再演にもなる、ということが解りました。
宮城聡先生と中沖英敏事務局長と

私どもの伊豆市民オペラ協会は「伊豆地域に住む、声楽を学んだ方々にステージの機会を作ってあげたい」と主旨でやっております。勿論活動に市などの補助金はいただいておりません。会費と賛助金で賄っております。
国文祭に参加できたことは有り難く、また、国文祭の「文化を育てる」という趣旨に合致したものと自負しております。
これも偏に会場にお運びいただいた観客の皆々様のお蔭と、改めて御礼申し上げます。有難うございました。
2009年11月1日
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/11/02 01:46】 | 文化・芸術 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<賀詞交歓会の案内 | ホーム | 小野としこの”やっさかレポート”3月分より>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://onotoshiko.blog97.fc2.com/tb.php/21-c89cc5b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
・・・小野としこの金盥 ・・・ (かなだらい)


静岡県議会議員小野としこの県政報告と、市民オペラの脚本・演出の情報を中心にお届けするブログです。市民の皆さんと交流できる場です。コメントお待ちしています。

プロフィール

おのとしこ

Author:おのとしこ
伊豆の国市(旧江間村)生まれの64歳。おばあちゃん、そして母がお産婆さんとして八十余年、地域の人々のいのち守って参りました。この強い信念を私も政治のジャンルで引き継いでいきます。体重70キロを駆使して、あなたの所へ飛んでいきます。困ったこと、泣きたくなるようなこと、嬉しくてたまらないこと、そして「こうして欲しい」ことなどを、存分にお話ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。